toggle
2018-06-03

「人と農・自然をつなぐ会」さんの紅茶

良い百姓は
良い作物を作る前に
良い土を作る
お茶を半分
百姓の心を半分
ご賞味ください

「人と農・自然をつなぐ会」さんの紅茶のパッケージに書いてある言葉で、もう何度も目にしているのに、届くたびに目がとまる。
藤枝のお茶園で、ここしばらく夏の間は、この紅茶を飲んでいます。

品物とともに届く「息吹」のおたよりが毎回すごくよくて、楽しみにしている。凝ってるわけでもなく、ペラ1のレターですが、やわらかい言葉で、農作業のこと、何を最近しているかといった近況報告がされていて、無駄がなくて気持いい。

今回は3年前まで除草剤が使われていた畑を譲り受け、その後の除草作業、草の変化、が細かく記してありました。
はじめはスギナやシダなど強い雑草が多いのが、次第にハコベやカラスノエンドウなどみずみずしい草に変わっていくという話。

最後には石牟道子さんの「苦海浄土」の一節。
私も再度読み返したくなりました。

「人と農・自然をつなぐ会」


関連記事