toggle
2019-11-25

「買う理由」がほしい

ミシマガジン連載の3回目が公開になりました。
今回は、ALL YOURS木村昌史さんの話。

“次のあたりまえをつくる人たち”に着てほしい。

「たとえば、いま地方では何代も続く農家や酒屋の跡を継ぐ若い人たちがすごく頑張っていて、どんどん海外にも目が向いています。
 造り酒屋の跡継ぎが、どうやってフランスの料理店のワインリストに載るかを真剣に考えている。そうした人たちが作業着じゃちょっとな、という時に選ばれる服になりたい」

「いい服をつくって、気に入ってくれているお客さんがいても、その人には感謝を伝える相手がいない …旧来型の企業の限界を感じました」

「みんなのミシマガジン」にて『ほどよい量をつくる』の短期連載をやらせていただいています。
第1回 「ほどよい量」を考える
第2回 「つくりすぎない」理由
第3回 「買う理由」が欲しい 

ALL YOURS 共同代表の木村まさしさん。池尻大橋のお店にて


関連記事